「おごる」を英語で表現!It’s on me.

「おごる」を英語で表現!It’s on me.

「おごるよ」と言いたいときに使えるフレーズ「It’s on me.」を紹介します。

友達や同僚におごりたいときには、この一言でさらっと「おごるよ」と伝えることができます。

「It’s on me.」という表現について、詳しく見ていってみましょう!

「It’s on me.」の意味

「It’s on me.」は、以下のような意味で使うことができます。

  • 「私のおごりだよ」
  • 「私が持ちます」(会計のとき)

自分が相手の分まで支払いをするときに使う表現です。

おごるの「お」の字もないような英単語の組み合わせですが、このシンプルな表現で「おごる」と言えてしまいます。

 

ただしもちろん、会計する場面が成り立つときに使ってください。

「あれ、家のカギどこやったっけ?」

「お前の頭の上に乗ってるやん!」

「あ、俺の上か!」(”It’s on me!”)

なんてときには、「おごる」って意味にはなりませんので、注意してください(漫才のときだけ注意しておけばよさそうですね)。

「It’s on me.」の例文・使い方

「It’s on me.」はもうそれだけで文章が成り立っているので、そのまま一言使ってもらえば大丈夫です。

少し単語を変えていくと、以下のようにバリエーションが広がります。

 

It’s on me.
「おごるよ」

Dinner is on me.
「ディナーは私がおごるよ」

This one is on me.
「これは私がおごるよ」
(↑一軒前の店で、相手に払ってもらったときなど)

It’s on the house.
「店のおごりだよ」
(↑バーなどでよく聞かれるフレーズ)

 

「It’s on the house.」は、アクション映画でバーに入ったシーンなんかで出てくるイメージがあります。

バーのマスターが良い人だったら、聞けるフレーズです。

「It’s on me.」の言いかえ表現

「It’s on me.」のほか、「おごるよ」というときに定番のフレーズは

  • “I’ll treat you.”
  • “It’s my treat.”

というように、「treat」を使う場合もありますね。

“It’s on me.” とサラっというより、ちょっと丁寧な感じに聞こえます。

 

また、「一杯おごるよ」のようにドリンクをおごるときには、

  • “Let me buy you a drink”
  •  “I’ll buy you a drink”

なども使ってみてください。

外国人とバーに行ったときなんかに、重宝すると思います。

(もちろん、あなたがおごる前提ですが…笑)

ぜひ「It’s on me.」とあわせて、試してみてください!

「It’s on me.」を使うシチュエーションの例

「It’s on me.」をどんなシチュエーションで使うのか、例を考えてみましょう。

カフェで友達とゆっくりおしゃべりしていたあなたは、急に職場から呼び戻されることになり、店を出なければなりません。

わざわざ呼び出されて、友達の悩みをずっと聞いていたのはこっち……だけどそこは大人の対応で、自分が会計を済ませることにします。

そんなとき、友達に一言 “It’s on me.” と言って、素早く会計をしてしまいましょう。

友人と食事したり飲んだりした後に、さらっとこのセリフを吐いて支払いを済ませると、かっこいいですね!

「It’s on me.」の語源・由来

「おごる」って意味がまったくなさそうな「It’s on me.」というフレーズ。

なぜこれが「おごる」になるかというと、

  • お店で支払うべきお金(支払いの責任)が自分の上に乗っている

というようなイメージですね。

日本語の「持ちます」というのも似ていますが、一時的な負債を自分が所有しているといった感じです。

まとめ

今回は、人におごってあげるときの定番フレーズ「It’s on me.」を紹介しました。

よくご飯に行ったり飲みに行く友達がいれば、たまには “It’s on me.” といって、支払ってあげるのもいいですね。

日ごろの感謝をこめつつ、おごってあげてみてください!

 

▼友達や同僚に使うオススメの表現


Warning: imagecreatefromstring(): Data is not in a recognized format in /home/lifeisntgrey/english-ling.com/public_html/wp-content/themes/shaper/functions.php on line 296