sift throughは、英語で「ふるいにかける」という意味に

sift throughは、英語で「ふるいにかける」という意味に

英語で「ふるいにかける」と言いたいときに使えるフレーズを紹介します。

「sift through」という表現です。

ビジネスシーンなどでよく出てきそうなフレーズですね。

今回はこの「sift through」について、詳しく見ていってみましょう!

「sift through」の意味

「sift through」は、以下のような意味で使うことができます。

  • 「ふるいにかける
  • 「取捨選択する」
  • 「よりわける」

選択肢をグループ分けするときや、モノを分別するときに使います。

いらないものといるものを分ける感じですね。

「sift」で、「振るう」という意味があり、「through」は通り抜けるイメージです。

「shift」(シフト)とは違う単語なので、発音に気をつけてください。

「sift through」の例文・使い方

「sift through」は、動詞として使います。

「sift」の部分の形を変えれば、バリエーションが増やせます。

 

Let’s sift through the information.
「情報をふるいにかけよう」

Can you sift through your choices?
「選択肢をしぼることはできる?」

We shifted through the wreckage of the accident location.
「我々は事故現場の残骸を調べた」
(↑過去形は ‘-ed’ を付ければOK。「wreckage」=「残骸」と相性が良いです)

 

「情報」、「選択肢」などの目に見えないものから、「残骸」などのモノにも使える表現です。

「sift through」の言いかえ表現

「sift through」は、「sieve」という単語で言い換えることが可能です。

  • sieve

「ふるいにかける」という他動詞です。名詞で「ふるい」にもなります。

「sieve basket」にすると、「ざる」という意味でも使える単語です。

 

他にも、こんな言い方もあります。

  • separate wheat from chaff

直訳すると、「もみ殻から小麦を切り離す」。

意味は、「良いものと悪いものをよりわける」となります。

良いものだけを選びぬいていく感じです。

「sift through」を使うシチュエーションの例

「sift through」をどんなシチュエーションで使うのか、例を考えてみましょう。

外資系企業に入社したあなたは、初めての仕事に期待と緊張が高まっています。

最初の仕事をまかされる瞬間、あなたの先輩は大掛かりな段ボールを抱えてやってきました。

資料でも見るのかと思っていたら、先輩は次々と段ボールを運んできます。

運んできてくれるだけやさしい先輩ですが、その中の大量の書類を指さして、すべて整理するように言ってきました。

1日かかるんじゃないかというそのハンパない量を見て、思わず言ってしまいます。

“Do I have to sift through all these documents by myself!?”
「私ひとりでこれらの書類全部をより分けるんですか!?」

実際に口に出して言うより、心の中でのひとり言にしておいたほうがいいかもしれません……。

まとめ

今回は、「ふるいにかける」と英語で伝えるときに使える「sift through」をご紹介しました!

良いものと悪いものを分けたいときシーンなどで、使ってみてください。

いらないものは、なるべく捨てていけるといいですね!

 

▼仕事の場面で使えそうな表現は他にもこんなものがあります。