reap reward of ~は、英語で「~の報酬を得る」という意味に

今日は、英語で「~の成果を得る」と言いたいときに使えるフレーズを紹介します。

「reap reward of ~」という表現です。

「reward」はよく聞くと思いますが、あわせて使う「reap」はあまりなじみがないかもしれませんね。

早速、「reap reward of ~」について、詳しく見ていってみましょう!

目次

「reap reward of ~」の意味

「reap reward of ~」は、以下のような意味で使うことができます。

  • 「~の報酬を得る
  • 「~の報いを得る」
  • 「~の成果を得る」

自分のやったことに対して、報酬を得るときに使います。

「of」の後ろに、成果の対象となる物事を持ってくればOKです。

「reward」「報酬」という意味があるので、それに相性のいい動詞「reap」=「(報いを)受ける」が加わったフレーズになります。

「reap reward of ~」の例文・使い方

「reap reward of ~」は、「reap」を動詞として使い、「of」の後ろに名詞を持ってきます。

成果の対象となる物事がなければ、ムリに「of」をつけなくても大丈夫です。

「reap」「reward」を組み合わせて、いろいろなパターンを考えてみましょう。

You can reap reward of your achievement.
「君が成し遂げたことには報酬が出るよ」

You can reap a reward.
「君には報酬が出るよ」
(↑成果の対象を言わない場合は、「of」以降をなくせばOKです)

Maybe I can reap a big reward from Mr. Chen.
「きっとチェンさんから大きな報酬をもらうことができるぞ」
(↑「reward」の前に「big」などの形容詞を付けるのもOK。また、誰からもらうかを表すのに「from」を使っています)

You will reap reward of what you’ve done!
「お前のやったことには報いがあるぞ!」
(↑文脈によっては、罰が当たるという悪い意味での「報いを受ける」にもなり得ます)

「reap reward」を土台にして、いろいろ変化をつけることができます。

良い意味にも悪い意味にも使える、けっこう万能な表現ですね。

「reap reward of ~」の言いかえ表現

「reap reward of ~」は、以下のような表現で言いかえることができます。

  • receive compensation

「compensation」も同じく、「報酬」という意味になります。

これを、動詞「receive」=「受ける」であわせて使っています。

ちょっとフォーマルな言い方になりますね。

あとは、「reap reward of ~」の「reap」を変えてもOKです。

  • get reward of ~
  • receive reward of ~

パッと「reap」が出てこなかった場合は、簡単に「get」を使って言うのもアリですね!

「reap reward of ~」を使うシチュエーションの例

「reap reward of ~」をどんなシチュエーションで使うのか、例を考えてみましょう。

会社の新しいプロジェクトで、企画を担当することになったあなた。

同僚と一緒に、日々仕事に追われています。

朝早くから出社し、夜も終電で帰る毎日。

ふとした休憩に同僚と飲む一杯のコーヒーが身に染みます。

そんなとき、自分たちを奮い立たせるために、こんな一言を言ってみましょう。

“We will definitely reap reward of our efforts!”
「私たちの努力はぜったい報われるよ!」

がんばったあかつきには、きっと良いことが返ってくる。

そう信じて、がんばりましょう!

まとめ

今回は、「~の報酬を得る」と英語で伝えるときに使える「reap reward of ~」をご紹介しました!

やったことに対して成果が出ることを伝えるときに、ぜひ使ってみてください。

報酬がもらえるように、何事に対しても熱意をもって取り組むことが大事ですね!

~おまけ~ 英語を猛勉強したいあなたにおすすめのコーチングサービス

英語を本気で猛勉強したいのであれば、「英語コーチング」がおすすめです。

なぜ英語を習得したいのか、何に英語を活用したいのか……その目的によって、教材を使っての独学や英会話スクールでグループレッスンをするなど、勉強のやり方も変わってきます。

もしあなたが、「本気で英語を身に着けたい」と思われるなら、「マンツーマンでの英語コーチング」を受けるのが一番です。

ここでいう「本気で」というのは、趣味や娯楽ではなく、友人と話すためや海外旅行のためでもなく(もちろんそれらも含まれますが)、仕事にせよ勉強にせよ海外でネイティブたちと渡り合えるレベルの英語力を身に着けることです。

そのためには、あなたに合った学習法で、あなたに合ったスケジュールで、そしてあなたに合った英語のジャンルで猛勉強していく必要があります。

どんな学習法で何を強化すべきか、どの時間帯にどんな英単語やフレーズを学ぶのか……自分にぴったりのやり方が分析できればいいですが、それが完璧にできていたらおそらく英語で悩むことなんてないと思います。

もしあなたが英語を猛勉強したいのに何から始めればいいかわからず、途方に暮れているなら、まずは英語学習のプロ中のプロからアドバイスを受けてみてはいかがでしょうか?

きっと、嫌でも英語力の飛躍的なアップにつながるはずですよ^^


よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

English LinGの編集長。名古屋大学大学院修士(イギリス文学)。
個別指導塾やプライベートレッスンなどで英語を教える→現在はメディア運営と、たまに翻訳のお仕事をしています。
TOEIC満点、英検1級保持。まだまだ英語勉強中。

目次
閉じる