英語で「悔しがる」ときは、mortified at ~

英語で「悔しがる」ときは、mortified at ~

今日は、英語で「悔しがる」と言いたいときに使えるフレーズを紹介します。

「mortified at ~」という表現です。

「悔しい」って意外と言えそうで、つまづいたこともあるのではないでしょうか?

そんなあなたもすぐに使える「mortified at ~について、今回は解説していきます!

mortified at ~ の意味

mortified at ~は、以下のような意味で使うことができます。

  • 「~を悔しがる」
  • 「~を恥ずかしがる」

「悔しい」の中に、少し「恥ずかしい」とか「残念だ」という感覚が入ったフレーズです。

何かに対して、強く悔しがるときに使ってみましょう。

「mortify」はもともと、「~を悔しがらせる」「~を恥ずかしがらせる」といった意味があります。

それを受け身の形にして、「~に悔しがらされている」(すごい日本語;笑)となっているわけですね。

mortified at ~ の例文・使い方

mortified at ~は、基本的にはbe動詞をセットにして使いましょう。

今回は「at」を使って紹介してますが、これが「by」になることもありますし、何にもつかないこともあります。

いろいろと変化はできるので、応用をきかせて使ってみてください。

 

I’m totally mortified at not getting the ticket.
「そのチケットを取れなかったことが、本当に悔しい」
(↑「at」の後ろに「not ~ing」をつけて、「~しなかったこと」としています)

I’m mortified.
「悔しい」
(↑「at」を取ったシンプルバージョンです)

You look mortified at what you have done.
「自分のやったことを悔しがっているように見えるね」
(↑be動詞の代わりに「look」を使うこともできます)

I’m mortified at wearing T-shirt in such a cold weather.
「そんな寒い天気のなかでTシャツを着るのは恥ずかしい」
(↑「恥ずかしい」の意味でも使えます)

 

「mortified at」以外のバリエーションもかなり豊富です。

「that節」や「to 不定詞」とも重ねられますよ。

mortified at ~ の言いかえ表現

mortified at ~を使わない場合、「悔しい」の感情を直訳できる単語は意外とありません。

「イライラする」「残念だ」などで置き換えていくのがオススメです。

  • “I’m frustrated at having lost.”

「負けてイライラする」=「負けて悔しい」という感じです。

「frustrated」が「いらだっている」という意味になります。

  • “I’m ashamed of having lost”.

「負けて残念だ」=「負けて悔しい」という感じです。

「ashamed」が「残念だ」という意味になります。

mortified at ~ を使うシチュエーションの例

「mortified at ~」をどんなシチュエーションで使うのか、例を考えてみましょう。

あなたが友人と恋バナで盛り上がっているちょうどそのとき、あなたが好意を寄せる男性が目の前を通りかかりました。

キュンキュンして盛り上がっていたのもつかの間。

そこに現れたのは、明らかに彼女と思われる女……。

盛り上がっていた恋バナが一瞬にして終わりをとげた嘆きを、表現してみましょう。

“I’m mortified at losing him!”
「彼を失うなんて悔しい!」

……あんまり使いたくないフレーズかもしれないですね。

mortified at ~ の語源・由来

「mortify」は、フランス語やラテン語からきていた古い言葉では、「命を奪う」「死」を意味するものでした。

18世紀頃から、「恥」の意味が加わったと言われています。

まとめ

今回は、「悔しがる」と英語で伝えるときに使える 「mortified at ~」をご紹介しました!

ただ恥ずかしいだけでなく、「悔しい」の意味を強烈に付け加えたいときに、ぜひ使ってみてください!

 

▼ストレス発散にはこちらの表現がオススメ。

▼ひと息いれるならこちらも。