「タクシーを捕まえる」ときに使える英語表現は、catch a cab

「タクシーを捕まえる」と言いたいときに使えるフレーズ「catch a cab」を紹介します。

「cab」「タクシー」を表しています。

アメリカのドラマや映画なんかでもよく出てくる表現ですね。

今回はこの「catch a cab」について、詳しく見ていってみましょう!

目次

「catch a cab」の意味

「catch a cab」は、以下のような意味で使うことができます。

  • 「タクシーを捕まえる」
  • 「タクシーを拾う」

「cab」 とは、タクシーの別表現です。

普通に「taxi」 と言ってももちろんOKですが、サラっと言いたいときには 「cab」 も使ってみてください。アメリカでよく使われる表現です。

TOEICのリスニングなんかにも出てくるので、ぜひ覚えておきましょう。

「catch a cab」の例文・使い方

「cab」 を使って、いろいろな動詞を組み合わせてみてください。

「catch」はすごく相性がいいですが、他にもいろいろな言い方をすることができます。

意志未来の「will」と合わせると、使い勝手がよくなります。

I’ll catch a cab. / I’ll catch a taxi.
「タクシーを捕まえるよ」

I can’t find a cab when it rains.
「雨が降ってると、タクシーが捕まらないんだ」

There are no empty cabs around here. 「この辺に空いてるタクシーはいないよ」

Let’s call a cab!
「タクシーを呼ぼう!」

友人とのカジュアルな会話で、タクシーが出てくるときには重宝しそうです。

「catch a cab」の言いかえ表現

丁寧な表現が必要になる場面では、”cab” を “taxi” に置き換えてあげるといいでしょう。

  • Could you call me a taxi, please?
    「タクシーを呼んでくださいませんか?」
    (↑ホテルのフロントなどで)
  • I’d like a taxi, please.
    「タクシーを1台お願いします」
    (↑タクシー会社に電話して)

「cab」は友人との会話に、「taxi」は業務用に使うなど、使い分けを決めておくといいですね。

「catch a cab」を使うシチュエーションの例

「catch a cab」をどんなシチュエーションで使うのか、例を考えてみましょう。

たとえば、仕事中の休憩時間に、カフェで友人とランチをしていたあなた。

そこへ、予想外の大雨が降ってきました。

突然の土砂降りで傘も持っていないため、その場でタクシーを捕まえることにしました。

そのとき、心配した友人がカフェから出てきました。

「大丈夫?」と声をかけてくる友人に、一言 “I’ll catch a cab.” と伝えて、安心させてあげましょう。

今からどうやって帰るのか、といった場面で使い勝手のいい表現です!

「catch a cab」の語源・由来

そもそも 「taxi」とは、「taxi-cab」という言葉からきています。「taxi」も「cab」も、もともとはひとつの単語ということですね。

なので、どちらで省略してもかまいませんが、「taxi」のほうがちょっとフォーマルなイメージがありますね。

「cab」とは「cabriolet」(カブリオレ)のこと。

現代でカブリオレと言えば、クーペのちょっとイカしたオープンカーのことを指しますが、もともとは18世紀頃にフランスはパリで使われていた、後ろに客席のある馬車のことです。この時代のタクシーですね。

18世紀のカブリオレのイメージ
18世紀のカブリオレのイメージ

ヴィクトリア時代のイギリス・ロンドンでは、これがちょっと発達した「carriage」と呼ばれる、4輪の馬車が流行るようになりました。

そして「taxi」は、タクシーについている料金メーター(taximeter)のことを指します。

つまり「taxi-cab」とは、料金メーターの付いた現代版の「cabriolet」ということですね。

まとめ

今回は、タクシーのカジュアルな言い方を使う、「catch a cab」を紹介しました。

海外では、空港への行き来だったり、ホテルまで行ったりと、なにかとタクシーを使う機会も増えると思います。

タクシー関連の表現を覚えて、積極的に使ってみてください!

▼タクシー乗車中に使える表現には、こんなのもあります。

~おまけ~ 英語を猛勉強したいあなたにおすすめのコーチングサービス

英語を本気で猛勉強したいのであれば、「英語コーチング」がおすすめです。

なぜ英語を習得したいのか、何に英語を活用したいのか……その目的によって、教材を使っての独学や英会話スクールでグループレッスンをするなど、勉強のやり方も変わってきます。

もしあなたが、「本気で英語を身に着けたい」と思われるなら、「マンツーマンでの英語コーチング」を受けるのが一番です。

ここでいう「本気で」というのは、趣味や娯楽ではなく、友人と話すためや海外旅行のためでもなく(もちろんそれらも含まれますが)、仕事にせよ勉強にせよ海外でネイティブたちと渡り合えるレベルの英語力を身に着けることです。

そのためには、あなたに合った学習法で、あなたに合ったスケジュールで、そしてあなたに合った英語のジャンルで猛勉強していく必要があります。

どんな学習法で何を強化すべきか、どの時間帯にどんな英単語やフレーズを学ぶのか……自分にぴったりのやり方が分析できればいいですが、それが完璧にできていたらおそらく英語で悩むことなんてないと思います。

もしあなたが英語を猛勉強したいのに何から始めればいいかわからず、途方に暮れているなら、まずは英語学習のプロ中のプロからアドバイスを受けてみてはいかがでしょうか?

きっと、嫌でも英語力の飛躍的なアップにつながるはずですよ^^


よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

English LinGの編集長。名古屋大学大学院修士(イギリス文学)。
個別指導塾やプライベートレッスンなどで英語を教える→現在はメディア運営と、たまに翻訳のお仕事をしています。
TOEIC満点、英検1級保持。まだまだ英語勉強中。

目次
閉じる