英会話の発音が恥ずかしい!そんなあなたは「英語」を「音楽」にしよう

もっとネイティブっぽく英語を発音したい、日本語発音から抜け出したいと思っていませんか?

英会話はそこそこできるけど、なんかいまいち発音が恥ずかしい…気持ちもう少し発音を改善したい…というあなたへ、今回は簡単なコツをご紹介します。

以前は、アルファベット一つ一つの音を覚えるため、フォニックスを学んで発音をきれいにする方法を書かせていただきました。

 

今回はフォニックスとはちがい、難しい理論などはありません。

ここで紹介する発音を改善するコツとは、ずばり、「英語を音楽だと思う」というものです。

英語の音を、歌を歌うように聞き取る方法になります。

早速、いってみましょう!

英会話の発音は、音楽のようなもの

英語は、言語の中でも、リズムや音を重視するタイプの言語です。

ネイティブの英語を聞いていると、声がぐいぐい上下しているのがわかるかと思います。

以下は、英語の発音と日本語の発音で、音の高低差を比べたものです。文字の左にある音声ボタンを押して、聞き比べてみてください。

I am listening to music now.(英語発音)

I am listening to music now.(日本語発音)

わかりやすいように極端な例を出しましたが(笑)、これが言語のちがいによる音の差ですね。

日本語の音があまり上下せずにずっとフラットな(あまり音の高低がない)感じなのに対して、英語は音が上下に揺れていますよね。

 

つまり、英語はどちらかというと、「音楽」に近い言葉であるとも言えるわけです。

なので、英語の音を学ぶときにも、「音楽」を覚えるような感覚で学んでみようというのが、今回紹介するコツになります。

音楽を聴く感覚で、英語を聴く

英語を音楽として覚えるには、英語が「言葉」であることはいったん忘れます。

語学を学習しているのではなく、ただ「音楽」を聴いている感覚にしていきます。

こうすることで、英語が持つ本来の「音」の特徴をとらえることができます。

  • 音程
  • リズム
  • 間の取り方

たとえば、あなたが歌を歌うのであれば、上のようなポイントを意識するのではないでしょうか。

これを英語にも当てはめることができます。

英語は音楽に近いと考えてみると、

  • 英語を話す=歌を歌う

と、置き換えることができるからです。

 

英語はもともと、リズムやイントネーション(音の高低)を意識した言語です。

なので、歌を歌う感覚と非常に似ています。

つまり、英語の発音をネイティブスピーカーっぽくしようと思ったら、歌を覚える感覚でやっていく方法が効果的になるわけです。

歌を覚えるように、英語の音を覚える

あなたが歌を覚えるときを思い出してみてください。

好きなアーティストの曲をカラオケで歌うときでもいいですし、普段あまり歌わない人は、中学校の音楽の授業や合唱コンクールなどを思い出してみてください。

次のうち、歌を覚えるとき最初にすることはどちらでしょうか?

  1. 歌詞をすべて丸暗記する
  2. メロディーを口ずさめるようにする

おそらく「2」ではないでしょうか。

メロディーを聞かずにまず歌詞を覚えることって、あまりないですよね。

歌詞カードを見て、台本を覚えるかのようにセリフを暗記しているような感じです。

歌詞は全部暗記したけど、どんなメロディーかはわからない状態ですね。

それでいきなり歌えと言われても、歌詞だけがわかった状態ではなかなか難しいと思います。

 

英会話も、これと似たところがあります。

いくらフレーズを丸暗記しても、それをネイティブスピーカーの音声で聞いていなければ、どんな風に口から発すればいいのかわからないわけです。

読み書きはできても英会話は苦手……という人は、音を聞きこんでいないのが原因のひとつです。

 

どこかで耳にしたことのある歌なら、歌詞カードを見なくても、鼻歌や適当な言葉で口ずさめますよね。

それと同じように、まずはあなたが理想とする英語の発音を聞いて、それっぽくハミングすることから始まります。

英会話における理想の発音を見つける

「理想の発音をするネイティブスピーカーを1人決めて、その人のマネをしてみる」

よく聞く方法かもしれませんが、マネをするときに、歌を覚える感覚でマネしていきます。

このときのポイントは、まず「理想の発音」をひとつ決めておくことです。

 

英語の発音をよくするといっても、英語の発音は世界中にいろいろなパターンが存在します。

アメリカ英語、イギリス英語、カナダ英語、オーストラリア英語……。

アメリカ国内であっても、ニューヨークとカリフォルニアではぜんぜん発音がちがいます。

さらにいえば、同じニューヨーク市内でも、10代の学生とリタイアしたおじいちゃんとでは話し方がちがうでしょうし、男と女でも差が出るかもしれません。

人によっては、いろいろな地域をミックスさせたような発音をするかもしれません。

 

結局のところ、英語の発音なんて人によってぜんぜんちがうということです。

 

日本語だって、人によってしゃべり方はぜんぜんちがいますよね。

同じように、一口に英語の発音といっても、山ほどパターンがあるわけです。

 

もちろん、基礎の発音がしっかりしていれば(きちんと通じるレベルであれば)、あなた流の英語をしゃべってもらって何も問題はありません。

ですが、もしあなたが個人的に

  • 「かっこいい!」
  • 「こんなしゃべり方をしてみたい!」

という発音があったら、ぜひその人のしゃべり方をマネしてみてください。

 

理想の発音をマネて似たようなしゃべり方をすると、自分自身がネイティブになったような感覚になり、だんだん発音に自信が持てるようになります。

なので、まずは理想の発音をする人を見つけてください。

  • 身近にいる外国人
  • 映画スター
  • ミュージシャン
  • 英語教材でリスニングを吹きこんでいる顔の見えない人

などなど、誰でもいいです。

「この発音が好きだ」と思うものを、一つ定めてください。

 

ちなみに僕の場合、大学生のときにストーリーの朗読を聞いてディクテーションする課題があったんですが、そのナレーターのしゃべり方が妙にハマってしまい、よくネタでマネしていました。

それからというもの、英語をしゃべるときは自然と、その人っぽくなってしまったのを覚えています(笑)

歌の音程をとる感覚で、発音をマネる

理想の発音を決めてからは、その人の英会話をマネをしていきます。

このとき、「歌を覚えるように」マネするのがコツです。

先ほども言ったように、歌を覚えるときにはまず

  • 音程
  • リズム

この2つを、なんとなく聞いて覚えると思います。

 

英語も、これを同じことをすると効果的です。

つまり、まず理想の発音をする人の「音とリズム」を聞き取っていきます。

しゃべっている英語を、すべて音楽だととらえるわけですね。

 

歌の音程をとるときと同じように、

  • どこで音が上がって
  • どこで音が下がるか

をしっかりマネしてみてください。

 

YouTubeでインタビュー映像を見たり、オンラインで映画を見ながらやると、くり返し見られるので練習しやすいです。

友人のマネをしたいなら、友人としゃべっているときにさりげなくその音をマネしてみるのもいいでしょう。

だんだんその友人のようなしゃべり方になってくるはずです。

標準語の人が関西の人と一緒にいて、いつの間にか関西弁になるのと同じです(笑)

 

こうやって音程をとることで、その理想の人が発する英語のイントネーションを身につけることができます。

 

ちなみに、英語でしゃべっている声を実際に楽譜におこしてみると、けっこう音符が上下に散らばります。

なかなか音の高低差があるため、音楽として考えれば音は取りやすいはずです。

ぜひ歌を歌うときのような感覚で、英語のトークを音として、身体にインプットさせてみてください。

英会話の発音に、リズムと身振りも合わせて

そして当然、音をとっただけではまだ足りません。

そこに、リズムを加える必要があります。

  • どのタイミングで間を取るのか、
  • 息つぎはどこでしているか

こういったことも、マネしてみましょう。

 

できれば、身振り手振りもマネしてみてください。

  • 表情の作り方
  • しゃべるときの舌の位置

などにも着目すると、おもしろいです。

思っている以上に、表情も舌もよく動いているはずですよ。

たとえば、“TH” の発音で舌をかむのはご存じだと思いますが、実際ネイティブの口を見てみると、けっこう舌を外に出しているのがわかったりします。

 

これだけのことに注目すると、もはや役者として、その人になりきっているようなものです。

演技するような感覚で英語をしゃべってみると、日本語発音が抜けると同時に、よりネイティブっぽいリズム感やしゃべり方のコツが感覚としてつかめてくるはずです:)

 

だからといって、なにも一生その人みたいに英語をしゃべり続けなくてもいいですよ!

ある程度、その人を演じきったなと思ったら、また別の人をモデルにしてもいいと思います。

そうやって、ちょっとずついろんな人のいい部分を取り入れながら、自分の理想のしゃべり方を見つけていきましょう。

英会話の発音を、音楽を聞くように練習する流れ

それでは最後にもう一度、音楽を聞くように英語の発音を練習する流れをまとめます。

  1. 理想とする英語の発音を見つける(この人の英語かっこいいな、と思う人を見つける)
  2. その人の英語を、歌のメロディーだと思って聞く
  3. 歌を覚えるように、音とリズムを取る
  4. できれば、身振り手振りなんかもマネしてみる

以上のような流れです。

まずはいったん、英語が「言葉」だという認識を捨ててみるのが重要なポイントです。

英会話はカラオケに行くようなものだと思って、歌を覚える感覚で練習してみてください!

まとめ

自分の発音がイヤだという人は、まずはどんなしゃべり方になりたいのかを決めてみてください。

アメリカ英語やイギリス英語と大きく考えるのではなく、「〇〇さんのようなしゃべり方」といった感じで、理想の人をマネしていきましょう。

歌を歌うようにマネしてみて、さらにはその「理想のしゃべり方をする人」を演じるようにしゃべってみます。

そうやって、徐々に理想のしゃべり方を吸収していけば、だんだんあなたの理想の発音が身につくはずですよ。

 

今回は理論的なテクニックではありませんが、この方法は発音の改善に大きく役立つはずです。

しかもけっこうおもしろいので、やってみると案外ハマるかもしれません(笑)

一度試してみて、続けられそうであればぜひたくさん練習していってくださいね! 🙂