初対面で英語の自己紹介をするコツ!「仕事は」「好きなことは」など

初対面で英語の自己紹介をするコツ!「仕事は」「好きなことは」など

今日は、初対面の人に英語で自己紹介(self-introduction)をするときのコツを、例文や会話例を見ながら紹介します。

初対面の外国人に何て挨拶すればいいのか、会話の始め方がわからないという方は、この記事を読んでもらえばスムーズな会話の流れがわかるようになります。

外国人がよく集まる場所で少しでも会話ができれば、交友関係が一気に広がるかもしれません。

もちろん、ビジネスシーンなどのフォーマルな場でも、自己紹介は必須です。

使いまわしできるフレーズも多いので、ぜひ英語で自己紹介するときに使ってみてください。

それでは、早速見ていってみましょう!

初対面の挨拶をする基本の英語

初対面の挨拶をする基本の英語

まずは、初対面の人に対しての挨拶~自己紹介英語を見てみましょう。

プライベートでも仕事でも、どんな場面でも使えるので、ぜひ使ってみてください。

Hi, nice to meet you.
Hello, good to meet you.
「こんにちは、初めまして」

I’m Ann.
I’m called Ann.
「私はアンです」
(アンをあなたの名前に変えて言ってみてください)

 

まず最初の挨拶でのポイントは、名前を言う時に「My name is ○○」とは言わないことですね。

学校でこのように習った方は多いのではないでしょうか。

でも、私がイギリスに行っていたとき、My name is という人は一人もいませんでした。

だいたいは、「I’m ○○」 か、I’mも言わずに握手をしながら自分の名前を言うか、でした。

あだ名があって、そのように呼んで欲しいときは、「I’m ○○」 のあとに、「Please call me ○○」(○○と呼んでください)を付けるとGoodです。

 

そして2つ目のポイントは、

「あなたに会えて光栄です」「お会いしたかったです」という意味合いを込めた

  • Nice (good) to meet you.

です。

ビジネスなど少しオフィシャルな場では、以下のようなもう少し丁寧な言い方をするといいでしょう。

It’s an honor to meet you.
It’s a pleasure to meet you.
あなたにお会いできて光栄です

シンプルな「Nice to meet you.」よりも、ワンランク上の表現ですね。

 

さらにこのフレーズを少し活用して、別れの挨拶で、

  • It was good to meet you.(お会いできてよかったです)
  • It was an honor to meet you. (お会いできて光栄でした)

などと過去形にして言うとさらに自然な会話になるので、ぜひ覚えてくださいね。

 

ちなみに、「meet」は初対面、「see」はすでに会っている場合によく使われます。

  • Nice to meet you.
    「はじめまして」
  • Nice to see you (again).
    「(また)会えてうれしいです」

といった感じです。

自分の仕事について話す時の英語

最初の挨拶が終わったら、自分の職業(学生の場合は専攻)について話してみましょう。

I am a student.
「私は学生です」

I am a teacher.
「私は教師です」

 

もう少し丁寧な言い方をすると、以下のように言えます。

I work for an IT company as a system engineer.
「私はシステムエンジニアとしてIT企業で働いています」

「work for ~(会社)」で、「~(会社)で働く」という意味になります。

~の部分に、会社名やIT企業、自動車工場など会社の種類を入れて文章を作りましょう。

asのあとには、営業(sales)、マネージャー(manager)、などの役職名・業種名を入れてください。

「私の仕事は……」と仕事について話すときも、「My job is ~」とは言わず、「私は~をやっています」という感じで伝るようにしましょう。

 

学生の場合は、自分の専攻を話すのがよいですね。

I study Japanese literature in the university.
「私は大学で日本の文学を専攻しています」

Japanese literatureの部分を、自分の専攻に変えて、専攻について話しましょう。

 

相手の仕事について質問するときは、以下のような例文が使えます。

What do you do?
What is your job?
「あなたは何の仕事をしていますか?」

「What do you do?」は、ビジネスでない会話の時に使うのが最適です。

相手が学生なら、「I am a student.」(学生です) と返してくれますし、社会人なら「I work at~」(~で働いています)と仕事について答えてくれます。

 

相手が社会人であると分かっている時には、

What sort of work do you do?
What line of work are you in?
「あなたはどんな仕事に従事していますか?」

と質問するのがよいでしょう。

好きなことを紹介するときの英語

好きなことを紹介するときの英語

共通の話題を見つけて仲良くなるには、休日の過ごし方や趣味など、好きなことについて話をするのがおすすめです。

自分の好きなことについて自己紹介する英語をいくつか紹介します。

I like taking photos.
「私は写真を撮るのが好きです」

I often go to trip when I have time.
「私は時間があるときにはよく旅行に行きます」

I am a big fan of 80’s music.
「私は80年代の音楽が大好きです」

小中学校で、「My hobby is ~」 と習ったのを覚えている人は多いのではないでしょうか。

でも、これも冒頭の「My name is ~」と同様、あまり使われません。

英語は「I」を主語にすることが多いので、「I like~」のほうが自然です。

「I like ~」 の~の部分は、動詞を「~ing」の名詞形に変えましょう。

「I am a big fan of~」 は、大好きなアーティストや音楽ジャンル、芸能人などに使うとよいです。

 

相手の趣味や休日の過ごし方について質問するときは、こんな風に聞いてみましょう。

What is your hobby?
「あなたの趣味はなんですか?」

What do you do on weekends?
「週末は何をしますか?」

「週末に」は、「on weekends」 を使います。

「今週末」のことを指すときは「this weekend」「来週末」「next weekend」となります。

相手の自己紹介に対して聞くときの英語

相手の自己紹介に対して聞くときの英語

相手の答えや質問が聞き取れなくて聞き返したいとき、もっと詳しく聞きたい!と思ったときに深堀する英語を紹介します。

まず、日常会話レベルのカジュアルな場面では、

  • Pardon me?
  • Can you say that again?
  • Sorry?

のいずれかを使うと、もう一度話してくれます。

 

「Sorry?」は、イギリス人の友人の間でもよく使っています。

馴染みのある単語なので使いやすいですね。

Sorry?を使うときは、疑問口調で語尾を上げるように「Sorry?↑」という感じで言いましょう。

通常口調で言うと、謝るときと同じになってしまうのでイントネーションに注意です。

 

また、とっさに「What?」と言ってしまっている人をたまに見かけますが、「What?」はどちらかというと喧嘩口調に聞こえてしまうので(日本語でいうと、「は?」みたいな感じ)、なるべく避けるようにしましょう。

ただ、途中までは聞き取れたけど一部分だけ聞き取れなかったときには、Whatを使ってこんな風に聞き返すこともできます。

Sorry, you are interested in what?
「すみません、あなたは何に興味があるって言ってましたっけ?」

聞き取れなかった部分を「what」に変えて、聞き返してみてください。

 

ビジネスなどのよりフォーマルな場面で聞き返すときは、以下のような表現が適しています。

I beg your pardon?

Could you say that again please?

 

相手の話すスピードが速くて聞き取れないときには、以下のようにお願いしてみましょう。

Could you slow down a little please?
「もう少しゆっくり話していただけませんか?」

きちんと伝えれば、ゆっくりわかりやすい英語を使って話してくれます。

 

次に、深堀するときの表現を見てみます。

以下のような感じで、相手の話をもっと聞き出してみましょう。

That’s interesting. Tell me more about it!
「それは面白いね。もっと聞かせて!」

Tell me some examples.
「例えば?」

I want to know more about it.
「もっと知りたいです」

「That’s interesting!」や、「That’s great!」など、「いいね!」という気持ちを付け加えてから、深堀フレーズを言うとよいですね。

 

商談などのビジネスシーンでは、

I would like to know more about it.
「それについてもう少し教えていただけますか」

I would like to know the details.
「詳細を教えていただけますか」

などといった言い方をすると、丁寧でよいと思います。

 

さらに深堀したいときには、「out of interest」(興味本位で)というフレーズを使うと、スムーズに相手のことを聞くことができます。

英語で自己紹介するときの会話例

それでは、今まで紹介してきたフレーズを使って、実際に英語で自己紹介するときの軽い会話の例を紹介します。

留学していた同僚に、外国人の友達を紹介してもらって3人で会うような場面での会話をイメージしてください。

以下のような設定です。

  • You:あなた
  • Miki :あなたの同僚(イギリスで留学していた)
  • Ann:紹介してもらう外国人の友達(今日本で留学中)

 

Miki:Hi, Ann. Let me introduce my friend.
「やあAnn、私の友達を紹介するよ」

You: Hi, nice to meet you. I’m xxx. Please call me xxx.
「初めまして、私はxxxです。xxxと呼んでください」

Ann: Hi,xxx. I’m Ann. Good to meet you, too.
「こんちにはxxxさん。私はAnnです。初めまして」

You:I work for the same company as Miki. We met there.
「私はミキと同じ会社で働いています。私たちはそこで出会いました」

Ann:That’s great. Are you in sales too?
「いいですね。あなたも営業職なんですか?」

You:No, I work in Accounting.
「いえ、私は経理で働いています」

Ann:I see.
「なるほど」

You:How about you? What do you do?
「あなたは?」

Ann:I’m a student. I am doing a year abroad to study Japanese.
「私は学生です。日本語を学ぶために留学しています」

You:Sorry? You are doing what in Japan?
「すみません、あなたは日本で何をしているって?」

Ann:A year abroad. I study Japanese.
「留学です。日本語を勉強しています」

You:Fantastic! So you and Miki met in England?
「すごいですね!ではあなたとミキはイギリスで会ったのですか?」

Ann:Exactly!
「そうです!」

Ann:What’s your hobby?
「趣味はなんですか?」

You:I often play tennis with my friends.
「私はよく友達とテニスをしています」

Ann:Oh, I was a member of tennis club in England!
「私はイギリスでテニス部だったんです!」

You:Really! Then let’s do it with us sometime!
「本当に!それなら今度一緒にテニスしましょう!」

Ann:That would be fun!
「楽しそうですね!」

Ann: Also, I like visiting the World Heritages.
「あと、私は世界遺産を巡るのが好きです」

You:Oh World Heritages! What is the best place?
「世界遺産!一番良かったところはどこですか?」

Ann:Umm, In Japan, I liked the Himeji castle.
「うーん、日本でなら、姫路城が良かったです」

You:That’s interesting! What was good about it? I want to know more.
「それは面白い!姫路城の何がよかったのですか?もっと知りたいです」

 

これぐらいの会話ができれば、ぐっと距離が近づくと思います。

共通点や驚き、新発見があった時には、「Wow!」「Oh! Really!」など感嘆詞を入れるといいですね。

まとめ

今回は、初対面の人に自己紹介するときに使える英語フレーズを紹介しました。

シンプルなフレーズですが、実際に使ってみるととっさに出てこないこともあるかもしれません。

英会話は実践が大事なので、「うまく言わなきゃ」なんて焦らずに、基本的な英語表現で最初の会話を盛り上げてみてください。

仕事で英語を使う人は、ビジネスシーンでの丁寧な言い回しをぜひ活用してください。

趣味についてのフレーズ、聞き返すときや深堀するときのフレーズなどは、自己紹介以外でも使えます。

必要なときには、今回紹介したフレーズをぜひ使ってみてくださいね。

 

▼会話するときの発音が気になる方は、こちらも読んでみてください。