フォークロア(folklore)ってどういう意味?英語で「伝承」など

フォークロア(folklore)ってどういう意味?英語で「伝承」など

今回は「フォークロア(folklore)」という言葉の意味について解説します。

英語で「伝承」などを指す言葉です。

詳しく見ていってみましょう!

フォークロア(folklore)の意味

「フォークロア(folklore)」はそのまま訳すと以下のような意味になります。

  • 伝承
  • 民俗(古くから民間で伝わってきた習慣など)
  • 民俗学

昔から伝えられているお話や伝説だったり、その地方に伝わる習慣など全般に表します。

学問のそのものを指すこともあれば、風習や音楽を指したりもしますね。

 

音楽では、ちょっと言葉が変わって「フォルクローレ(folclore)」というと、ラテンアメリカ系の民族音楽を表します。

小学校のときにキャンプなんかでやった(?)「フォークダンス(folk dance)」も同じようにちょっと言葉が変化していますが、民族舞踊という意味ですね。

 

日本のいわゆる昔話なんかにも「folklore」を用いられることがあります。

『桃太郎』、『浦島太郎』、『金太郎』なんかですね。

しばしば「folklore stories」「folklore tales」といったように、後ろに「話」を表す言葉を加えて使われます。

 

また、ファッション用語では「フォークロア」というと、民族衣装を中心にしたスタイルを指すことになります。

70年代に流行ったような民族スタイルの服装です。

 

どの業界においても、その風土の特有のものがキーワードになる感じですね。

フォークロア(folklore)の発音

「フォークロア(folklore)」の英語発音は以下のようになります。

  • folklore(アメリカ)
  • folklore(イギリス)

「folk」のほうにアクセントを置いて発音します。

「k」と「l」は、声を出さずに息だけでつなぐように発音してみてください。

イギリス英語のほうは、最後が「クロア」というより「クロー」に近い感じですね。

フォークロア(folklore)を使った例文

I like Japanese folklore stories.
「わたしは日本の昔話が好きです」

My grandfather is a specialist in American folklore.
「祖父はアメリカ民俗の専門家です」

They are the local folklore tales that I have collected.
「それらは私が集めた各地に伝わる民話だ」

フォークロア(folklore)の派生語

せっかくなので、ちょっとした派生語も見ておきましょう。

けっこうマニアックな単語になるかもしれません^^;

  • folkloric:民間伝承の【形】
  • folklorish:民間伝承の【形】
  • folklorist:民俗学者【名】
  • folkloristics:民俗学【名】(特に学問を指したいときに使ってください)

フォークロア(folklore)の類義語

似たような意味を表す言葉では、以下のようなものがあげられます。

  • legend:伝説
  • lore:言い伝え
  • myth:神話
  • tradition:伝統

まとめ

「フォークロア(folklore)」には「伝承」「民俗」などの意味がこめられています。

カタカナで使うときも、意味を知った上でこの言葉に触れてみると、また違って見えてくるかもしれません。

機会があれば、ぜひ英会話などでも使ってみてください!