英単語・熟語ダイアローグ 1800

生の英会話をマスターするのに役立つCD付きテキスト、『英単語・熟語ダイアローグ 1800』を紹介します。

『英単語・熟語ダイアローグ 1800』
著者:秋葉利治、森秀夫

タイトルの通り、さまざまなシチュエーションのダイアローグ(対話のセリフ)が用意されており、そこから単語や熟語を学ぶことができます。

1800というくらいあって、そのバリエーションは本当に多種多様です。

単純な単語だけでなく、ビジネス、医療、政治などなど、あらゆるジャンルで使われる独特な表現を学ぶことができます。

ここで覚えた表現をあえて会話の中で使っていくことで、ボキャブラリーが増えていきます。

自分自身が話せるようになるのはもちろん、相手がしゃべっていることもわかるようになってくるはずです。

すべての音声がCDで付いているので、オーバーラッピングやシャドーイングを駆使しながら、会話練習してみてください。

発音やボキャブラリーは、どちらかというとアメリカ寄りです。

何気にキャラクター設定もしっかりしていて、読み物としてけっこうおもしろい部分もありますよ(笑)

ちなみに、初心者の方にはこれのやさしい版もあります。

ご参考までに↓↓

~おまけ~ 英語を猛勉強したいあなたにおすすめのコーチングサービス

英語を本気で猛勉強したいのであれば、「英語コーチング」がおすすめです。

なぜ英語を習得したいのか、何に英語を活用したいのか……その目的によって、教材を使っての独学や英会話スクールでグループレッスンをするなど、勉強のやり方も変わってきます。

もしあなたが、「本気で英語を身に着けたい」と思われるなら、「マンツーマンでの英語コーチング」を受けるのが一番です。

ここでいう「本気で」というのは、趣味や娯楽ではなく、友人と話すためや海外旅行のためでもなく(もちろんそれらも含まれますが)、仕事にせよ勉強にせよ海外でネイティブたちと渡り合えるレベルの英語力を身に着けることです。

そのためには、あなたに合った学習法で、あなたに合ったスケジュールで、そしてあなたに合った英語のジャンルで猛勉強していく必要があります。

どんな学習法で何を強化すべきか、どの時間帯にどんな英単語やフレーズを学ぶのか……自分にぴったりのやり方が分析できればいいですが、それが完璧にできていたらおそらく英語で悩むことなんてないと思います。

もしあなたが英語を猛勉強したいのに何から始めればいいかわからず、途方に暮れているなら、まずは英語学習のプロ中のプロからアドバイスを受けてみてはいかがでしょうか?

きっと、嫌でも英語力の飛躍的なアップにつながるはずですよ^^


よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

English LinGの編集長。名古屋大学大学院修士(イギリス文学)。
個別指導塾やプライベートレッスンなどで英語を教える→現在はメディア運営と、たまに翻訳のお仕事をしています。
TOEIC満点、英検1級保持。まだまだ英語勉強中。

目次
閉じる